韓国、海外旅行の規制緩和…9月3日から入国時「新型コロナ検査」廃止



来月3日0時から韓国に到着するすべての内外国人は新型コロナウイルスのPCR検査の陰性確認書を提出しなくても良い。


31日、中央災難安全対策本部のイ・ギイル第1総括調整官(保健福祉部第2次官)は中央災難安全対策本部会議で「9月3日0時から国内に到着する飛行機便や船舶便を利用するすべての内外国人はPCR検査の陰性確認書を提出しなくても良い」と明らかにした。


現在、国内に入国するすべての人は入国前48時間以内のPCR検査、または24時間以内の専門家用迅速抗原検査(RAT)の陰性確認書を提出しなければならず、入国後1日以内にPCR検査結果をさらに受けなければならない。


これを受け、旅行・観光業界を中心に入国前に海外で受ける検査の費用負担、入国前後の短い間隔の検査による低い効用性に対する指摘が提起されてきた。


入国1日以内に施行しなければならない入国後のPCR検査は維持される。この1総括調整官はこれについて「海外流行変異を遮断するための最小限の措置であることを考えてほしい」と述べた。


これに先立ち、国家感染症危機対応諮問委員会は入国前に新型コロナの検査を廃止し、入国直後の検査に代替すべきだという意見を政府に提示したと発表した。


チョン・ギソク国家感染症危機対応諮問委員長は29日、「帰国前に他の国から出発48時間前、24時間前に行うPCR検査と迅速抗原検査は究極的に廃止するのが正しい」と述べた。


また、「外国では先進国であれ、開発途上国であれ、検査を非常にずさんに行っている。ずさんな検査をあえて受ける必要があるのか、本当に陽性なのか偽の陽性なのか分からない韓国国民を外国でさ迷わせるのが正しいか疑問だ」と述べた。


一方、政府は来月9日から4日間続く秋夕(チュソク、中秋)連休期間に全国の高速道路を利用するすべての車両の通行料免除を推進する。家族の集いや訪問には別に制限がなく、サービスエリアやバス・鉄道内の室内飲食も許容される。


京畿道(キョンギド)、慶尚南道(キョンサンナムド)、全羅南道(チョルラナムド)地域の高速道路9つのサービスエリアでは、臨時選別検査所を追加設置し、誰でもPCR検査を無料で受けられるようにする。


ただし、高危険群の多い療養病院や施設の接触面会は禁止される。


中央災難安全対策本部のイ・ギイル1総括調整官(保健福祉部第2次官)は「故郷を訪れる前にはできる限りワクチンを接種して訪問中には短く留まることを勧める」と述べた。


連休期間中に新型コロナワンストップ診療機関は全国4900カ所余りで運営され、休日当番薬局、地域保健所で飲み薬を購入することができる。 出典: https://japanese.joins.com/JArticle/295009

閲覧数:105回

最新記事

すべて表示